地政学とリアリズムの視点から日本の情報・戦略を考える|アメリカ通信

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。地政学、リアリズム、プロパカンダの観点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。


無料メルマガ
石平のチャイナウォッチ

メールアドレス(半角):

バックナンバーは こちらから

石平の中国レポート

コンテンツ

来日して二十年。中国出身の私から見ると、大半の日本人は、中国のことを分かっているようでまったく分かっていないと感じることがしばしばある。

日本人と話していて、「中国」に対する相手の認識の甘さや勘違いのひどさに驚いたのは決して珍しいことではない。時には、私が知っている中国の現実と、多くの日本人の抱く中国イメージとのあまりにも大きな落差に、ただただ唖然とし、返す言葉を失ったものである。

数年前に、日本で高名な某大手企業の経営者が、当事から囁かれていた「中国経済バブル」について、大新聞の紙面でこう語ったことがある。

「私は中国でバプルが起きる可能性はまったくないと思います。五千年の歴史を持つ中国人はとても賢明な民族です。けっして日本の失敗の轍は踏まないだろうと信じています。」

この自身満々の所見を拝見し、中国出身の私は思わず噴き出した。今の中国人のその思考方式と行動原理は、「中国五千年の歴史」とはほとんど関係のない「別人種」となっているはずだ。平均的な中国人の「賢明さ」、それは、バブル的投機にもっとも適している「ずる賢さ」ではないだろうか。今の世界で、バブルに一番走りやすい民族を挙げるならぱ、その筆頭こそ、まさしく中国人である。

事実、それから数年経った現在、株と不動産を対象とする中国のバブル経済は、日本がかつて経験したものをはるかに超えた規模に膨らみ、崩壊寸前の危機に直面している。

「五千年の歴史を持つ中国人の賢明さ」に対する、前記の日本人経営者の認識と信頼感というものは、まったくの無知と盲信というしかない。

おそらく、「五千年の歴史」や「賢明な中国人」といった先入観がこの「賢明」な経営者の目を曇らせ、ある意味幼稚極まりない中国認識が生まれたのではなかろうかと、私は推測している。

間違いだらけの中国認識を生んだもう一つの原因は、やはり日本のマスコミにおける中国報道の偏った姿勢にある。日本の代表的な大新聞やテレビの大半が毎日のように「中国情報」を流しているが、その中味を見ているとやはりどこかがおかしい。

別に中国政府から命令されたわけでもなければ依頼されたわけでもない(と思う)が、「中国」をテーマとする報道となると、メディアの多くはほぼ自動的に、「中国の良い面」にかんする情報をできるだけ大きく取り上げ、「悪い面」にかんするものをできるだけ無視してしまう。あたかも、中国の「メンツ」を守ることを自らの最高使命だと「自覚」しているかのような不可思議な姿勢である。

たとえば、今や日本全国を騒がせている「中国製毒ギョーザ」事件にかんする報道がそうである。中国国内で「有毒食品」が氾濫し始めたのは、二〇〇〇年代初頭からである、実は、六、七年前から、「有毒食品」を食べ、死亡者が出るような事件は毎月のように起きていたのだ。

しかしこの六、七年間、日本のマスコミは、この問題の深刻さにほとんど目を瞑っていた。その結果、日本国民の多くが中国食品の安全問題に無自覚のまま、中国製の冷凍食品に依存するような生活環境に置かれるようになった。最近の「毒ギョーザ」問題発覚によって、日本の食品業界はいきなりパニック状態に陥り、日本国民の食卓の安全が大変な危機に見舞われることになった。それもまた、中国の真実に対する日本人全体の認識不足が生んだ深刻な結果であろう。

したがって「中国」に対する、日本人にありがちな先入観や盲信を打破して、マスコミが伝えたくない中国の本当の姿をより多くの日本国民に分かってもらうことは、何よりもの緊急課題となる。このサイトは、それに答えるための一つである。

NEWS


<2枚組CD> 続 日中殴り合い激論


尖閣諸島をめぐる日中軍事衝突の危機を乗り越えて「大中華圏の復興」を目指す中国(副島隆彦)。

もはや「死に体」の中国共産党の習近平体制(石平)。

真っ向対立する二人がご好評に答えて一年ぶりに激しく対峙する。

果たして中国のバブルは本当にはじけたのか。不動産は暴落しているのか。 尖閣諸島をめぐって軍事衝突はあるのか。反日暴動を企むのは誰か。

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

第二部:中国の不満分子 若者が革命を起こす

第一部:習近平は理想を持たない現実派


つづきはこちら<2枚組CD> 続 日中殴り合い激論の詳細はこちらへ

お支払い方法* 代金引換
氏名*
ふりがな*
郵便番号*
都道府県
ご住所*
法人名
電話番号*
FAX番号
メールアドレス(半角)*


石平・副島隆彦「日中殴り合い対談」3枚組CD
石平VS副島隆彦。真っ向から対立の喧嘩対談!

中国は、覇権か崩壊か?!!!このCDで中国の全てを語りつくす!!


数々のベストセラーを持ち、
中国問題でも独自の言論を展開する、
"民間人国家戦略家"副島隆彦と、
"本当の中国を誰よりも知る日本人"石平の
言論バトルが遂に実現。
しかも、この"喧嘩"対談は
書店などでは販売されない、
貴重なCD音源3枚組による発売です。

第一部・・・中国知識人の心を歪めたアヘン戦争
第二部・・・躍進する中国は日本を属国にする
第三部・・・解放軍は胡錦濤政権まで服従する

約3時間に渡る濃厚な対談内容で、
新聞やTVなどのマスコミでは、なかなか得られない情報が満載です。


つづきはこちら石平・副島隆彦「日中殴り合い対談」3枚組CDの詳細はこちらへ

お支払い方法* 代金引換
氏名*
ふりがな*
郵便番号*
都道府県
ご住所*
法人名
電話番号*
FAX番号
メールアドレス(半角)*



長谷川慶太郎 vs 石平 2枚組CD「アジア大激震!」
長谷川慶太郎・石平の対談がついに実現!待望のCD化

2011年、中国は瀕死の状態となる?!


GDP世界第2位となった中国。

巷では、日本は中国に敗北した、中国に歩み寄らなければ生きていけない、という書籍があふれている。

確かに、数字だけ見れば中国は新たなる市場として無視できない存在だろう。

しかし、現実の中国は、もはや瀕死の状態を迎えている。




つづきはこちら長谷川慶太郎 vs 石平 2枚組CD「アジア大激震!」の詳細はこちらへ



中国に生まれ、中国に育ち、天安門事件をきっかけに、
中国を「あの国」と思うようになった!

誰よりも中国を知る男が、その実像を伝える緊急レポートCD発売!


※書店では販売いたしません。


尖閣諸島付近の海域で起きた、中国漁船による領海侵犯事件で中国人船長が逮捕・拘置されて以来、中国の日本への「対抗措置」はエスカレートする一方である。


私はかつて、中華人民共和国のことを「ならず者国家」と呼んだことがあるが、今回の件から見ても分かるように、かの国はやはり、世界史上もっとも卑劣にしてもっとも恐ろしい「ならず者国家」なのである。


つづきはこちら緊急レポートCDの詳細はこちらへ

NEWS

石平の中国レポート


日本人が知らない中国の実相を石平が暴く!

「石平の中国レポート」は、只今、企画・準備中です。ご興味のある方は仮登録をお願い致します。詳細は決まり次第、メールまたは、このサイトにて発表いたします。

当面の間、無料のメールマガジン「石平のチャイナウォッチ」をお楽しみ下さい。
 

つづきはこちらつづきはこちら

賛同者 推薦の言葉


◆「日本人はホントの中国を知らない。石平さんがそれを教えてくれる」

                       日下 公人(評論家・社会貢献支援財団会長)




◆「石平氏は立派な日本人であると同時に立派な中国人です」

                  岡崎 久彦(外交評論家、NPO法人岡崎研究所所長)




◆「石平先生には現代中国の観察者として、又文明批評家として一層大きな役割を期待しています」

                                 中西 輝政(国際政治学者)




◆「中国情報の優劣は、だれが伝えるか、でほとんど決まります」

                            大島 信三(産経新聞社編集委員)




◆「石平さんは、人間学を極めた人物だ。彼には国境はない。」

                       中条 高徳(アサヒビール株式会社名誉顧問)




◆「石平さんは中国という巨大な国の暗闇を照らす燭光です。頑張れ!」

                                  加瀬 英明(外交評論家)




◆「石平氏は中国の現状に絶望して日本国籍を取得されました。従って、氏の中国情報は正確で核心を衝いており全面的に推薦します。」

                 小田村 四郎(日本会議副会長、李登輝友の会会長)




◆「並の日本人より遥かに日本人らしい石平氏の直言を期待しています。益々のご発展を期待しています。私のブログでも応援します。」

               佐藤 守(元南西航空混成団司令・空将補、軍事評論家)




◆「これほど商業の交流が深まった日中関係の舞台裏に潜む歴史的・文化的闇に石平氏がばっさりと斬り込む!」

                      宮崎 正弘(拓殖大学日本文化研究所客員教授)




◆「中国の大転換期に正確な分析を期待します。」

                      田久保 忠衛(外交評論家、杏林大学客員教授)




◆「石平さんの論評は秀逸です。中国で起こっている現象の背後にある歴史的動機や必然性を語ってくれます。「目からウロコ」です。」

                  屋山 太郎(政治評論家、国家基本問題研究所理事)